社会医療法人 近森会 近森病院附属看護学校

解剖生理学

非常勤講師

川井 和哉

社会医療法人近森会 理事
兼 近森病院 副院長
兼 循環器内科 主任部長/医師

最も大切な基礎となる学問

ご存じのように心臓は全身に血液を送るポンプです。生まれてから生涯にわたり、1日10万回の拍動を繰り返しています。人体の素晴らしさを感じませんか?この膨大な仕事量を支えるため、最適な構造を心臓はしています。
解剖学と生理学では、人体の「構造」と「機能」を学びます。医療職にとって最も大切な基礎となる学問です。「機能的な形」や「理にかなった動き」は美しいと思います。構造と機能は表裏一体であり、病気や病態を理解する上でも重要です。
臨床現場に出ると、様々な病気を持った患者さんが相手です。私は循環器内科医として、心臓病の患者さんの診療に日々奮闘しています。病態を考え、起こりうる合併症を予測し対応していきます。同じ病気でも症状や病態は千差万別です。体に起きていることを理解していないと応用がききません。まさに、これが解剖生理学を学ぶ理由です。さあ、未来のスーパーナースたち、これから一緒に学んでいきましょう。

薬理学

非常勤講師

筒井 由佳

近森病院 薬剤部 部長
薬剤師

薬物の適正使用を
看護に生かしましょう

治療を行う上で薬物を切り離すことはできません。そして薬物の開発は日進月歩。薬物治療はより高度化し、医師や薬剤師だけでなく患者に接する機会の多い看護師が薬物療法に果たす役割も大きくなっています。薬理学は薬物が生体に与える影響を中心に学ぶ学問であり、薬物を有効かつ安全に使用するための基礎となるものです。ただカタカナばかりの薬物名は馴染みがなく、体の中で起こる薬物の作用機序は複雑でイメージしにくいため、どうしても敬遠されがちです。しかし、なぜ解熱鎮痛剤で熱が下がり痛みが和らぐのか、なぜ抗アレルギー剤を内服すると眠くなるのか、誰もが一度は経験した薬物の効果や副作用を科学的に考えることからスタートし、薬理学に親しみを持ち、そして看護師になってからも薬物に興味を持ち続けて欲しいと願っています。薬効と副作用の関係を薬理学で考え、薬剤適正使用を看護に生かせるように一緒に学んでいきましょう。

臨地実習

社会医療法人 近森会 近森病院附属看護学校

〒780-0052 高知県高知市大川筋1丁目6-3

TEL 088-871-7582(受付9:00~17:00・平日のみ)

FAX 088-871-7587