社会医療法人 近森会 近森病院附属看護学校

看護師として働くためには「保健師助産師看護師法(昭和23年法律第203号)第18条の規定」による看護師国家試験に合格することが必要です。本校で3年間学び、必要な単位を修得することで、初めて国家試験の受験資格を得ることができます。
国家試験の問題は3年間学んできたことから出題されます。実技試験はありませんが、実習などで実際に観たり、聴いたり、感じたり、考えたからこそ解けるような視覚問題や状況設定問題も出題されています。つまり、国家試験対策は、知識だけの習得では不十分で、知識とともに臨地実習での体験を通して学習内容を定着させ、強化することが必要です。 本校は、附属看護学校ということもあり、隣接する現場で働いている医師や看護師等が講師となり、最新でより現場に即した知識と技術を学ぶことができます。

国家試験問題集や参考書なども自由に閲覧できるよう図書室にそろえてあります。

3年間のプログラム

国家試験対策は、3年次になってから行うものではなく、1年次から段階を踏んで行っていきます。

1年次

人体の構造と機能の確実な知識の習得を目指し、長期休業などを利用して、個人でのノート作りおよび振り返り試験を実施。他にも、1年次から全国模擬試験を行います。

2年次

実習や授業の進度に合わせて学内・全国模試を行います。

3年次

定期的な全国模試の実施と、学生個々の状況に応じた学習支援や精神的なサポートを行っています。国家試験合格を目指し、学校一丸となってサポートします。

(国家試験担当教員 記)

ともに頑張っていきましょう

本校の教員です。目標に向けて一緒に頑張っていきましょう。

社会医療法人 近森会 近森病院附属看護学校

〒780-0052 高知県高知市大川筋1丁目6-3

TEL 088-871-7582(受付9:00~17:00・平日のみ)

FAX 088-871-7587